田中文栄堂

祖父が愛用した万年筆を文栄堂で見つけました

文房具がブームですね。

 

 

筆記用具から、デスク回りの雑貨まで、いろいろな文具、文房具が開発されています。

 

 

文房具のお店にいると、半日くらい夢中になっている人も多いのではないでしょうか。

 

 

特に筆記用具は、ボールペンにしろ、鉛筆にしろ、楽しく面白い商品が数多くあります。

 

 

でも、やはり憧れるのは万年筆です。

 

 

子供のころ、祖父が持っていた万年筆が気になって仕方ありませんでした。

 

 

子供の手には余るほど、重厚で大きかったけれど、ちょっと拝借して、書いてみると、これが素晴らしい書き味なんですよね。

 

 

子供の下手な文字でも、なんだか綺麗にみえるような気がしたのを覚えています。

 

 

高そうな万年筆で、祖父の机の引き出しに、ケースに入っていて、大切にしているのが分かりました。

 

 

大人になっても、万年筆を持つ機会は、なかなか訪れず、もっぱら、ボールペンを使っていましたが、祖父の持っていた、あの万年筆が欲しくて、探していたのです。

 

 

ネットで調べてみたら、文栄堂という万年筆の通販ショップを見つけました。

 

 

文栄堂のサイトの中に、祖父が使っていた万年筆を見つけたのです。

 

 

街の文具店で買ったら、5万円はする代物でした。

 

 

それが3万円くらいで買えるのです。

 

 

そろそろ万年筆を持ってもいい年齢になってきたかなと、購入することにしました。

 

 

大人のステータスのような万年筆、いいですよね。

 

 


 


 

▲上へ戻る